プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやつを買いに京都まで

土曜日に一応30km走をしたので、日曜はランはお休み。(昔はキッチリ走ったんですが・・・)

朝から良いお天気なので、家でじっとしているのももったいないし、どこかに自転車で走りに行く事にしました。
時間は10時を廻りお山に行くには遅いので、特に目的もありませんが、平坦コースで木津川サイクリング道を走って京都まで行く事にしました。

弱い冬型の気圧配置で木津川サイロは北西の風が吹き、京都向きはずっと向かい風です。ただ、真冬と違ってそれほど強くはありません。重量級の私としては坂を登るより向かい風を走る方がまだ楽です。タイムトライアルを走る気分で下ハン持ってぐいぐい踏んで行きます。まったり走るつもりが思わずスイッチが入ってしまいました。

流れ橋まで来てちょっと一休み。
この流れ橋、最近毎年流れてますね。ニュースではこの橋の修理に1回3500万円ほど掛かったそうです。それで、毎年税金を使ってこんな事やっても良いのだろうかと議論になっているそうです。
PA270001a.jpg

橋がどうなっていようが、流れ橋横はサイクリストの休憩場所。今日も大賑わいです。
DSC_0182a.jpg

いつまでも休んでないで、出発しましょう!。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

30km走でカキフライを食べに

26日の土曜日はお休みの週です。
昨晩は結構な雨が降っていたので早起きしての遠出は無し。でも朝には雨も上がり天気は回復しそうなので、久しぶりにロング走でもしようかと思いました。

ちょうど橿原の「よろず」で秋冬限定の「カキフライ」を始められたお話を聞いて無性に食べたくなったので、練習がてら走って食べに行く事に。

ゆっくりと準備をして10時半に自宅を出発。いつもの郡山−飛鳥自転車道を南へ走ります。
富雄川沿いの区間は最近あちこちで改良工事が行われて大分きれいになってきました。
DSC_0175a.jpg
                      (慈光院東の自転車道)

でも、木津川のサイロと違って、肝心の自転車の姿は余り見られません・・・・。

続きを読む

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

秋晴れの開田高原ー乗鞍ツーリング その2

その1を書いてから早くも1週間近く経ってしまいましたが、何だか今週も忙しかったり、疲れてたりで続きが書けませんでした。忘れないうちに記録しておきます。

さて、ネットで調べてたまたま予約させて貰った奈川集落の民宿「亀遊館」ですが、ご主人がその日に山で摘んで来られたキノコがいっぱい入ったきのこ汁を美味しくいただき、10畳の間を一人で独占してゆっくりと休ませて貰いました。
翌朝はちょっと早起きして8時丁度に宿を出発しました。
DSC01456a.jpg

今日はいよいよ乗鞍越えです。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

秋晴れの開田高原ー乗鞍ツーリング その1

この週末は会議出張で練習・ツーリングは無し。その他にも色々と忙しい一週間でした。
代わりに13/14日の連休に行った、開田高原ー乗鞍ツーリングの記録をまとめておきました。

週末の連休が絶好の秋晴れになる天気予報がほぼ確定し、2日前に宿と列車を確保して準備完了。
13日(日)の朝一番で京都駅に出て、初発の「のぞみ」で輪行します。
DSC_0124a.jpg

のぞみは連休初日とあってほぼ満席でした。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

小豆島一周+寒霞渓ツーリング(練?)

ウルトラマラソンから2週間経ってそろそろ疲れも取れてきたかなと思っていたところ、大阪のChokoさんから小豆島ツーリングのお誘いをいただき、二つ返事で参加させていただく事になりました。

小豆島は観光で一度だけ行った事は有りますが、自転車で走った事は無く、一度行ってみたいなと思っていました。
コースの取り方にも因りますが、忠実に海岸線を拾って回ると一周薬80km、島の中心には紅葉で有名な「寒霞渓」の山が標高800mで聳え立ち、そこに東西南北から4本の道路が登っています。
事前の話では「1周するだけ」との事ですが、主催者がChokoさんだけに、山に登らされる可能性も十分有ると思いました。

さて、島に渡るには船に乗る必要があり、今回は姫路ー福田航路を利用するので、朝7時15分発の初発便に乗船すべく、車に自転車を積んで姫路港に集合しました。
今回のメンバーは大阪組がChokoさん他3名、奈良組がmillionさん、テッドさん、K原さんと私の4名です。
車は港近くの駐車場に置いて、自転車で乗船します。
P9290001a.jpg

姫路から福田までは1時間40分の船旅ですが、それでも船に乗っていくのはちょっとした旅行気分でワクワクです。
7時になったら乗船です。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

再開、自転車練

丹後100kmウルトラマラソンが終わって1週間。
体へのダメージは想像以上に大きく、足の筋肉痛は当然ながら、全身の倦怠感、両足裏の巨大なマメなどに長い事苦しめられてきました。
やっと倦怠感や日常生活での筋肉痛は取れましたが、まだ足裏のマメは完治せず、歩くと痛みが走ります。

でも、いつまでも休息している訳にも行かないので、連休2日目の土曜日に6月末以来の久し振りで自転車練をする事となりました。

最初は嵐山までサイロで平地練をと思いましたが、水害で路面が砂だらけになっているかなと思い、奈良県内にコースを変更。お決まりのルートを走る事にしました。

普通に起きて午前9時に自宅を出発、富雄川を南へ走り、大和川からはサイクリングロードへ。
夏草が茂って幅の狭まったサイロを走ります。
P9230523a.jpg

ホントに久し振りの自転車です。

続きを読む

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

第13回丹後100kmウルトラマラソン

長らくブログの更新をサボっていました。
この間、何もしていなかった訳では無くて、長期の夏休みを取って旅行をしたり(この記録もその内に書きます)地道にラントレをしていたりと、色々あったのですが、遊んだ反動で仕事が忙しく、ブログに手が着けられなかったと言うのが正直な所です。
またこれから、ボチボチ書いて行きますので、どうぞお楽しみに。

さて、再開第1号は、昨日行われた「第13回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン」です。
昨年もエントリーはしていたのですが、夏休みの北アルプス山行で膝の靱帯を痛めてしまいDNSと成ってしまったので、今回は初のウルトラマラソン挑戦になります。

DSC_0061a.jpg

近付く台風18号の影響で異常な暑さの中、millionさんの車でスタート会場の京丹後市網野に向かいます。
millionさんは去年に引き続き2度目の完走を目指されます。

受付会場でゼッケン等を受け取った後、去年と同じ琴引浜の宿へ向かいます。
明日の朝食は午前2時!、会場への車は3時10分発です。食事と風呂を済ませて早々に床に入りました。

続きを読む

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

夏はアルプス/表銀座日帰り

夏山登山の第2弾は、millionさんと二人で北アルプスの常念岳〜燕岳の通称「表銀座」を日帰りで縦走登山するという、「表銀座弾丸登山」を楽しんで来ました。

せっかくのアルプスをゆっくりと楽しめれば良いのですが、時間の無いおっさん同士で2〜3日のコースを日帰りでやってしまおうと言う計画です。
コースはこんな感じ。一般的には燕岳から常念岳へ南下するコースを取られる方が多いようですが、我々は下山して直ぐに温泉に入りたいので逆コースを取る事にしました。


土曜の夕方にmillionさんに拾っていただき、中央道をひた走って梓川SAで仮眠。案外涼しくてゆっくりと眠れました。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

奈良・奥山で50km走

9月の丹後100kmウルトラマラソンを控えて、この時期にせめて一度は50km程度を走っておかないとと思っていた所、天候不順で予定していたアルプス行きが中止になったので、こちらを決行する事にしました。

この時期、余りに暑すぎて昼間にロング走なんて考えられません。そこで、本番が4:30のスタートである事も考えて、そのシュミレーションも兼ねて早朝のスタートでアップダウンの有るコースを考えました。

朝4時過ぎに起床し、ガス欠にならない様にしっかりと食べて準備を整え、5時丁度にスタートしました。

早朝の学園前の街は車の姿も殆どありません。
P7280110a.jpg

先が長いので、ペースはキロ6:30程度に抑えて走ります。気温が低い(5時で23.5℃)ので快適です。

続きを読む

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

夏山練・甲斐駒ヶ岳

海の日の連休はここ2年間、徳島県の日和佐でトライアスロン(のスイム抜き)に参加してきましたが、私には夏はやっぱり涼しい山の方が向いているので、どこかアルプスの高い山に登ろうと思いました。
生憎、お天気が今一つの様なので、北アルプスより南の方が良かろうと、速攻日帰り登山が出来そうな甲斐駒ヶ岳(2967m)を目指す事にしました。
登山口の竹宇駒ヶ岳神社から黒戸尾根経由で頂上まで標高差2200m、距離約12km、コースタームでは登り9時間30分、下り5時間40分の難コースで、25年ほど前にテント持ち1泊2日で登った事が有りますが、それ以来二度目の登山になります。

写真は昨年夏に霧ヶ峰から見た甲斐駒ヶ岳の全貌。
P1050136a.jpg
中央のピークが甲斐駒ヶ岳で左斜め下に伸びる稜線が今回登る黒戸尾根。その一番下からスタートします。

続きを読む

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。