FC2ブログ

プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の比良・武奈ヶ岳登山

泉州マラソンでマラソンシーズンは一段落。久し振りに山に行きたくなったので、DISTANZA山岳班のメンバーからリクエストされていた冬の比良山、武奈ヶ岳に登ってきました。

今日のメンバーはS本さん、millionさん、MR井さん、私の4名です。
millionさんの車で皆をピックアップして頂き、湖西バイパス経由で比良山の西の登山口、大津市葛川坊村に8時半に到着しました。山間に入るにつれて小雨が雪に変わり、ここは雪国です。
P1040216a.jpg

ここでこれだけ雪が有ると言う事は、先が思いやられます。
どうなることやら・・・




いつもならDISTANZAの山行きはトレランスタイルですが、さすがに今回はそんな訳には行かず、冬山スタイルの完全装備です。
P1040217a.jpg

準備が整い8時50分に小雪が舞う中をさあ出発。
明王院の朱塗りの橋を渡って御殿山コースの登り坂に入っていきます。
P1040218a.jpg

ここを通るのは二十数年振りでしょうか。とっても懐かしいです。

登り初めていきなりの急登が続きます。雪も見る見る増え、登山道の踏み跡もはっきりしないので、樹林帯をグイグイ直登して行きます。
P1040220a.jpg

かなり雪が増えてきました。
P1040221a.jpg

だんだんと滑りやすくなってきたので、ここらでアイゼンを着けます。
今回持参したのはmont-bellのチェーン式の簡易アイゼン。装着はあっという間です。
P1040223a.jpg

これが中々よく出来た製品で、今日の様なコースなら正直これで十分でした。
標高900m近くまで来ると、夏道は南斜面を捲いて行きますが、冬道はそのまま尾根筋を直登します。
P1040225a.jpg

御殿山近くの標高1000m辺りになるとこんな所では見た事も無いような雪庇が張り出しています。
P1040226a.jpg

恐らく2m以上は有るかという雪に埋もれた尾根の上を進んで行きます。
P1040229a.jpg

するとぽっかりと開けた頂上に出て、そこが御殿山 1097mです。
P1040230a.jpg

晴れていればここから武奈ヶ岳西南稜の美しい景色が見えるのですが、今日は真っ白。先を急ぎます。
中峠に下りる斜面もこんな感じに雪に埋もれています。
P1040233a.jpg

晴れていれば気持ちの良い西南稜ですが、今日は吹きさらしの強風と、横殴りの雪でただ耐えて歩くのみです。
東斜面には巨大な雪庇が張り出しているので、斜面の際を注意して歩きます。
P1040238a.jpg

旧比良スキー場への道標も半ば埋もれています。
P1040240a.jpg

{比良ロープウエイの最終は17時です」なんてまだ書いてますが、ロープウエイはとっくに無くなってますけど・・・。

黙々と歩いてやっと武奈ヶ岳1214mの頂上に着きました。晴れてれば琵琶湖から伊吹山、白山まで見えるんですが、展望はまた次回にお預けですね。
P1040245a.jpg

記念写真を撮って、早々に頂上を退散。下りはホイホイとあっという間に下れます。スノーシューの先行パーティーも追い抜いて中峠まで下り、樹林帯の木の陰で無理矢理昼食休憩にします。

みなそれぞれに食事の用意です。
P1040247a.jpg

メンバーが4人居たら食事の準備も様々で、ポットからお湯をさっさと注いで素早くラーメンを食べている人が居るかと思えば、コンロの組み立て、着火に手こずる人、鍋の湯をこぼす人、とバラエティーに富んでいます。
かく言う私は、これをやろうと思って、わざわざコンロを担いで来たんです。気温の低い冬期は寒冷地用ボンベのそれも大型の方がガス圧が高くなるので有利なようです。割と素早くお湯が沸きました。
P1040246a.jpg

ラーメンの熱いスープを飲み干したら、体の中から一気に暖まりました。

体が温まったら、あとは一目散に下りるだけです。
ここでもあの簡易アイゼンが非常に有効でした。ただ急な凍結斜面を下りるようなシビアな所ではちょっと滑るような感じもしましたが、少し注意をすれば大丈夫。岩や氷のミックスルートが無い、雪の上だけを歩くルートならむしろこの方が軽くて軽快に歩けるようです。近畿なら、金剛山、高見山や比良山の尾根コースならこれで十分だと思います。

あと、輪かんじきやスノーシューは今日は新雪の下の雪が比較的締まっていたのでトレースが無い状態でも特に必要では有りませんでした。あと、御殿山までの急坂ではスノーシューは歩きにくいでしょうね。使うならむしろ輪カンだと思います。西南稜から先は天気が良ければスノーシューで更に先まで行けるでしょうし、今度はそれをやってみたいですね。

色々と考えながら下る内に段々と天気も回復してきて、ふもとが見えるようになってきました。
P1040250a.jpg

御殿山コースは傾斜がきついので下りも膝に来て疲れますね。膝がガクガクしてきました。

無事に下山後は大津のスーパー銭湯で汗を流し、今年の山行きの計画を色々と相談しながら帰宅しました。
いつもいつもmillionさんには車を出して頂いてありがとうございます。

今年は登る山が多くて忙しそうです。
関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

この時期の武奈ヶ岳も楽しそうですね。
近々行ってみようと思います。

Re: No title

Shallowさん、こんばんは。ご無沙汰です。
この時期の武奈ヶ岳は雪の量が半端じゃないですね。お天気が良ければ最高の雪山なんですけどねえ。
まあ、こんなガチの冬山体験もまた久し振りに面白かったです。

お疲れ様でした。

笑えるくらい凄い山遊びになりましたね。
あそこまでとは・・予想しておりませんでした。
まぁ、次回の為にってことで・・
今度は、スノーシュー担いで、上で思う存分遊びたいですね。
また、宜しくお願いします。

アルプス登山隊ですね

すすすごい・・・。こんな雪中登山決行するとはさすがは、まっさーさんですね。まいりました。

今年もトライアスロンでまっさーさんと○塚の黒○君の2人でチームディスタンザで参加できるか依頼し、承諾してもらいました。宜しくお願い致します。

Re: お疲れ様でした。

millionさん、こんばんは。どうもお疲れ様でした。
初の比良山にしてはちょっと強烈でしたね。
今回は比良の厳しい一面を見ましたが、武奈ヶ岳はとても明るいアルペン的な山で、西南稜は最高に気持ちの良い所なので、是非また行きましょう。
計画建てますのでよろしく!。

Re: アルプス登山隊ですね

サスケさん、こんばんは。
たまには雪山も良いもんですよ。
日和佐は今年もリレーで参加せんとアカンのですね。判りました。予定を入れておきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。