FC2ブログ

プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮へ! ロング練第2弾(その2)

伊勢神宮で記念写真を撮ったあとは顔を洗ってスッキリし、補給食を食べてドリンクを補給したら慌ただしく再スタートを切ります。お伊勢さんには鳥居の手前からご挨拶するだけでお暇です。

P1040605a.jpg

せっかく伊勢まで来たんだから赤福とか伊勢うどんとか、食べて帰りたい物が色々ありますが、何せまだこれから140km走って帰らないと行けないので仕方有りません。




さすがにそれでは腹が減るので、近くのコンビニでお握りを調達。お茶で流し込んで、どら焼き1個をポケットに突っ込み、さあ出発。

伊勢市内を抜けて宮川を渡ると往路で苦労したR38は通らず、斜め左に入ってR13を走ります。こっちは大正解。余りアップダウンは無く、おまけに弱い追い風で楽に走れます。案外簡単にR42の多気まで出られました。

多気からはしばらくR42を走ります。この道も以前はトラックが多くて恐怖でしたが、今は紀勢自動車道に流れたのか、通行量は激減しています。
P1040609a.jpg

勢和多気インターを越えた所で右折してR368へ。桜峠を目指します。
ここで追い付いてこられたローディーの方と飯高道の駅までご一緒させて頂く事にしました。
P1040610a.jpg

大台町にお住まいの方で、いつもこの辺りをホームグラウンドに練習されているとの事。うらやましい環境ですね。ダラダラと長い桜峠の登りもお喋りしながら楽しく越え、その先のR166も交通量の少ない裏道を案内して頂きました。

R166に入ると予想どおりの向かい風。この中を峠まで40km頑張らないといけません。
取り敢えず飯高道の駅で小休止。ここのパン屋で売っている「抹茶メロンパン」がお勧めとのことで、運良く焼きたてをゲット。パリッとした皮にお茶が香ってとても美味しいでした。
2時間以上走り詰めだったので、ここでお喋りしながらしばらく骨休め。単独のロング走で土地のローディーの方とお話しできるのはとても楽しいです。どうもお世話になりました!。
P1040611a.jpg

リフレッシュした所でお別れして再スタート。
ここから高見峠までまだ31kmも有ります。先は長い!。
平均勾配こそ大してありませんが、向かい風の中、所々に現れる登で徐々に高度を上げていきます。
それでも大きなアップダウンが無いだけ、確かに伊勢本街道を戻るよりは楽でしょう。

遙か彼方の山を見ると、少しとがった山はどれも高見山に見えてきますが、どれが高見山かよく分かりません。
P1040613a.jpg

櫛田川は昨日の雨のためかなり増水していました。
途中で咽が渇いて自販機でペットのミネラルウォーターをがぶ飲み。どら焼き半分とアミノバイタル1本を流し込みます。

トンネルがいくつか現れて勾配が増してくると、やっとループ橋が見えてきました。
P1040615a.jpg

頑張る元気は無いので、さっさとフロントインナーに落としてタラタラと登ります。
そしてやっとループの上まで登ってきました。
P1040616a.jpg

ここからトンネル入り口は直ぐそこです。ここで標高610mも有ります。
P1040618a.jpg

高見トンネルは西向き上り勾配で、走り抜けるのに10分もかかりました。

ここさえ抜けてしまえばあとはほぼ下り基調です。ドヒューンと下って、高見山を振り返ります。
P1040619a.jpg

佐倉峠を登り返し、そのまま166を走って大宇陀道の駅で休憩。
ソフトクリームとどら焼きの残り半分を食べてリラックス。体が楽になりました。

あとは桜井まで女寄峠を一気に下って、と思って走っていくと、
トンネルの手前から車が渋滞しているじゃあ有りませんか!!。こんなの初めて見ました。
でも、そこは自転車。渋滞の横をスルスルと走り抜けて行きます。道が空いていたらここはどうしても飛ばしてしまう所なので、却って安全だったかも?。
結局、4km以上にわたる渋滞の先頭は倉橋の信号でした。

桜井市内から先も信号渋滞が嫌なので、cancanさんに教えて頂いた大和川左岸の道を走る事にしました。
これはとても快適で、庵治町でR24に出るまで殆ど信号がありません。
夕暮れの大和川を快適に走ります。
P1040623a.jpg

振り返れば「スーパームーン」。
P1040622a.jpg

大宇陀で食べたソフトクリームが効いたのか、不思議な事に足の疲れは殆ど感じなくなり、30km前後のスピードで脚がくるくると廻ります。いわゆる「ランナーズ・ハイ」なのか、単に平地になったからだけなのか、それともただの追い風だったのか?。

もうここまで来れば知った道ばかり。ジテ通の帰りの雰囲気で自宅を目指しました。
ただ、一つ残念な事に、郡山を過ぎても動いていたGarminのGPSが自宅を目前にしてバッテリー切れで電源落ちし、帰りの軌跡データがぶっ飛んでしまいました。

ともあれ、7時45分頃に漸く自宅に帰り着き、長かったロング練が無事終了したのでした。

今回のデータです。
      往路    復路   合計   
走行距離 140.8km 136.2km  277km
実走時間  5:13  5:40  10:54
獲得標高 1411m  1195m  2606m
平均速度 27.0kmh 24.0kmh  25.5kmh

復路のルートです。
関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

おはようございます。
ヨシダです。
掲載していただきありがとうございます。
それにしても平均速度が強烈ですねぇ。わたしが120km走るのとかわらない…。
湯谷峠は奈良側から登られるほうがおだやかかもです。私はいつも逆からでインナーロー固定です。
宮川南岸で伊勢までの車の少ないコースコースございます。参拝サイクリングの際はぜひお声がけくださいませ。高見峠までお迎えにあがります!

No title

走行距離・平均速度ともに驚異的です。。。私も一度だけ生駒から完全自走で琵琶イチして帰ってきたことがありますが、平均速度が全然違います^^;
機会があれば弟子入りして、鍛え直してもらいたいです。

お疲れ様でした。

たぶん、高見峠で10分ほどのニアミスだったと思います。助けて~!迎えに来て~!と、つぶやいてもらえれば、喜んで迎えに行かせて頂いのに・・・
登山道をご機嫌にくだりながら、眼下に見えるR166は自転車で登りたくないなぁ~って思っていましたよ。(笑)

Re: No title

抹茶メロンパンさん、どうもです!。
あの平均速度はね、「実走行時間」に対する平均だから、休憩時間は入ってないんです。インチキかな?。
湯谷峠を登って、宮川右岸で伊勢参りですか・・・?。
伊勢は遠いんでねえ、今度行くとしたら帰りは輪行でしょうねえ。
その節はよろしくお願いします。

Re: No title

サウスさん、どうもです。
先ほども書きましたが、休憩時間を含まない平均速度なんで、早くなって当然です。
あと、アベ速度と距離を伸ばすためにはとにかく休憩を減らして漕ぎ続けるトレーニングをする事でしょうか?。

Re: お疲れ様でした。

millionさん、こんばんは。
あの日、高見に登ってはったんですね。「六甲廃人」って言われてたので、そんなに早く回復されてるとは思ってませんでした。
それにしても、自転車とランの違いは有っても同じような所に自然と行っている所が何とも可笑しいですね。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。