FC2ブログ

プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まじめに山練

梅雨も明けたし、これから夏山シーズンも始まるのでその前に山のトレーニングもしておかないと、
と考えて、今日はトレランと言うよりはスピード登山の練習にお山に行ってきました。

山は早立ちが原則なのに、起きたら8時前で、ゆっくり朝ご飯を食べてゆっくり準備していたら家を出たのが9時半過ぎになってしまいました。全然気合いが入ってない!。

この時間から行ける所は、こちらしか有りません。
P1040997d.jpg

金剛山の登山口の一つ、高天を出発したら11時になってしまいました。
さあ、この時間からどれだけ登れるでしょうか?。




登山口の高天彦神社横の駐車場は当然一杯。近くに路駐するしか有りません。
この神社の横が登山口です。
P1040980a.jpg

ここから金剛山に上るルートは別名「郵便道」とも呼ばれ、昔郵便配達が最短で上れる道として使っていた道です。
最短距離だけ有って急坂の道が続き、主稜線のダイトレに合流する手前は延々と続く階段に苦しめられます。
P1040981a.jpg

スタートして48分で頂上手前の主稜線に合流しました。
P1040982a.jpg

ここから左へ行けば一の鳥居で頂上も間近ですが、今回は右に折れてそのままダイトレを下ります。
まだまだ元気なので、下りは軽快に走れます。途中のパノラマ台から奈良盆地がよく見えていました。
P1040984a.jpg

ところで、今日の靴はこの前買ったモントレイルの「マウンテンマゾヒスト」です。
P1040985a.jpg

カナディアンと比較して、底は柔らかいけどクッションがあって、石ころの下りが明らかに楽です。それに踵から土踏まずのホールドがしっかりしているので下りで爪先が当たって痛むことがありません。
やっぱり自分にはこっちが合っているようです。

途中で行動食を食べたりしながら、水越峠には40分で到着。時間はまだ12時30分なので、葛城山に行くことにしました。
P1040986a.jpg

水越峠から葛城山への道はダイトレで何回も下っていますが、登るのは今回が初めて。
あの延々と続く高い階段を上るのかと思うとゾッとします。
ちょっと腹も減ってきて、郵便道を登った時ほどの元気は有りません。
P1040987a.jpg

何とか40分ほどで葛城山頂に到着。頂上の食堂は大繁盛でした。
ここで思わずソフトクリームで補給。
P1040988a.jpg

ついでにおにぎりも食べてこれからの長丁場に備えます。

葛城山からはこれまた初めての道、天狗谷を下って、大阪側の青崩(あおげ)集落へ下ります。
キャンプ場からちょっと下った所が分岐点。
P1040990a.jpg

この道もお決まりの階段地獄でした。(但し、今回は下りですが)
P1040991a.jpg

青崩には約30分で到着。ここは標高370mで、水越峠の510mと比べると140mも低く、その分標高差が大きくなります。
青崩から少しR309を登って旧道に入り、丁度トンネル入り口の横辺りに有る小さな橋を渡ります。
P1040992a.jpg

ここから「太尾西尾根ルート」を登ります。
この道を上るのも初めてですが、急な尾根筋をひたすら直登するルートで、先程の標高差もあって水越峠からのダイトレよりは遙かにきつく感じられます。
P1040995a.jpg

しばらく登ると「太尾東尾根ルート」と合流して一瞬平坦になります。
P1040996a.jpg

しかし再び急登の連続となります。
金剛山、葛城山を越えてきた足はもう売り切れ状態。ひたすらしんどさを我慢しながら登りますが、かなり辛くなってきました。
急に開けた土地に出たと思ったら、そこが大日岳(1094m)の頂上でした。ここまで来たらもう頂上は直ぐそこです。数分で頂上売店の横に飛び出しました。はい、お疲れ様。

頂上広場に行ってみましたが、下界の景色は霞んでよく見えませんでした。
P1040997d.jpg

で、やっぱりこれが欲しくなります!。今日2個目のソフトクリーム。
P1050001a.jpg

これでちょっと蘇った感じですが、まだこれから郵便道を下らないと。
頂上を出たのが午後3時40分で、流石にこの時間になると誰も登ってきませんし、追い付くこともありません。
ひたすら下って、4時15分頃に高天彦神社に下り着きました。

駐車場にはあれだけたくさん居た車がもう殆ど残っていません。まあ、出発したのが11時だから仕方ないですね。
取り敢えず「かもきみの湯」に移動して温泉で汗を流し、スッキリして家に帰り着きました。

さあ、今日の山トレを足ががりに、夏山シーズンはどこへ行こうか?。

今日のコースです。(ガーミンを持って行くのを忘れたので、概略入力です)


関連記事

テーマ : トレイルラン
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

ダイトレ?

先週は大変お世話になり、ありがとうございました。
トレランもされているのでね!
イメージ的にマラソンよりハードそうですね。
でも北海道の山々なんか素晴らしそう…
僕には虫(特にスズメバチ)が大ハードルになりそうです!
ところで、ダイトレって何ですか?

Re: ダイトレ?

A木さん、こんにちは。
夏場は平地を走るのは暑いんで、トレランは涼しくて良いですよ。それにマラソンと違って登りは歩けますから、却って楽です。奈良周辺にはトレランに好適なコースは沢山有ります。北海道に行くと、ハチよりヒグマがハードルかも・・・。
DISTANZAのメンバーであちこち走ってますので、一度お誘いしましょうか?。

No title

皆さんにご迷惑をかけないように、総合的体力をもっとつけてからお願いします!

Re: No title

いやぁ、今でも体力十分だと思いますよ!。
この夏は、トレランシューズを履いて、とりあえず矢田丘陵なんか走ってみられたらどうですか?。
そうそう、「ダイトレ」について書き忘れてました。
「ダイヤモンドトレイル」の略で、二上山から葛城、金剛、紀見峠を経て槇尾山までの稜線の道を大阪府がそう名付けて整備している物です。
毎年4月に「チャレンジダイトレ」http://masa3776.blog29.fc2.com/blog-date-20110412.html
として山岳マラソン大会が開かれます。こちらも一度どうですか?。

No title

お疲れ様でした。水越からではなく、高天彦神社からでしたか・・
なるほど・・登りが3本になりますもんね。
やっぱり・・練だ。。(^^)

ダイトレ!

なるほど、「ダイヤモンドトレイル」よく分かりました!
いつかは、走れるように頑張りたいと思います。
ありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。