FC2ブログ

プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり槍ヶ岳(その1)

去年の8月にDISTANZAで25年振りに槍ヶ岳に日帰り登山をしましたが、今度は是非とも槍の頂上からの絶景を楽しみたくて、今年も再度槍ヶ岳に登ってきました。

メンバーは私一人の単独行です。
そして、今回は槍の穂先からご来光を拝みたいので1泊2日、こちらも25年振りのテント持ち山行です。
何回登っても槍ヶ岳は素晴らしい山です。折角の機会ですから自身未踏のコースを織り交ぜてたっぷりと夏山を堪能しました。

DSC00090a.jpg

久し振りに学生時代の山行を思い出した二日間でした。



今回のコースは上高地から槍沢を経由して槍ヶ岳に登り槍の肩で一泊。二日目は東鎌尾根から大天井岳、燕岳を通って中房温泉に下山するロングコースです。ワンウエイコースになるので車では無く、JR利用で前夜から出発しました。

京都を経由して新幹線で名古屋へ。名古屋から中央西線の最終の特急「しなの」で松本へ向かいます。
DSC00018a.jpg

松本駅前のビジネスホテルに一泊し、翌朝は4時半に出発して松本電鉄の新島々行きに乗車します。
新宿からの夜行快速に接続するので結構な乗車率でした。
DSC00025a.jpg

新島々からは上高地行きのバスに乗車。途中でバスがエンジン故障のため車両交換になるというハプニングも有りましたが、何とか6時半に上高地に到着。

北アルプス一帯では昨夜は結構な大雨だった様ですが、その雲が見る見る晴れて河童橋の向こうに穂高連峰が姿を現しました。
DSC00033a.jpg

何度見ても上高地から見る穂高は素晴らしい!。
DSC00038a.jpg

しばらく景色を楽しんでから午前7時丁度に河童橋を出発!。
但し、今日はテント一式も担いでいるし、靴は1月にアウトレットで買った軽登山靴。あくまで登山ですから「走り」は無しです。

上高地から横尾までは平坦基調の遊歩道の様な道なので快調に飛ばします。
木漏れ日が美しい!。
DSC00041a.jpg

明神を過ぎると、左手に明神岳の岩峰が聳えています。
DSC00045a.jpg

1時間で徳沢に到着。ここは昔は放牧場だたったそうで、山小屋「徳沢園」とキャンプ場が有ります。
DSC00048a.jpg

ここで一度キャンプをしてみたいものです。

徳沢を出ると、今度は前穂高岳の東壁と北尾根が見えてきます。28年前に仲間と登った前穂北尾根の思い出が蘇ります。
DSC00054a.jpg

更に進むと間もなく屏風岩が見えます。一度は登ってみたかった屏風岩ですが、これは果たせぬ夢になってしまいました。
DSC00055a.jpg

昔の思い出に浸りながら黙々と歩くうちに上高地から2時間足らずで横尾に到着。ここで涸沢方面と槍ヶ岳方面の道が分かれます。
ここでしばらく休憩。
DSC00059a.jpg

横尾を過ぎると道は登山道らしくなり、徐々に勾配を増してきます。明るい梓川沿いをどんどん進みます。
DSC00067a.jpg

横尾から約1時間で槍沢小屋に到着。水をたっぷりと補給して補給食も投入。いよいよここからが厳しい登りになります。
DSC00068a.jpg

ここからまだ標高差1300mも有ります。ババ平のキャンプ場を過ぎると川を大きなデブリが埋めています。
8月末にこれほど雪が残っているとは、今年は余程の大雪だったようです。
DSC00072a.jpg

登りは更に勾配を増し、遙か上まで続く道を見るとうんざりします。槍はまだ見えません。
DSC00075a.jpg

ただ、この辺りはお花畑でまだまだ沢山の花が見られます。(名前はよく分からない・・・)
DSC00078a.jpg

天狗原への分岐を過ぎ、急なモレーン帯を登り切ると、やっと槍の穂先が姿を現しました。
DSC00081a.jpg

段々と標高が上がり、酸素が薄くなって息が上がりますが、殺生ヒュッテの横を通り過ぎると後もう少し!。
DSC00084a.jpg

ストック2本を駆使して最後の頑張りの末、やっと槍の肩に辿り着きました。
時間は午後1時45分。上高地から6時間35分で到着です(コースタイム10時間20分)。
DSC00108a.jpg

槍ヶ岳肩のテント場は30張り分しか無いので取り敢えず山荘でキャンプ場の受付をします。
まだ大丈夫だった様でホッと一安心。若し一杯なら殺生ヒュッテのキャンプ場に行かされる所でした。

取り敢えず場所を確保したので、山荘のレストランで腹ごしらえ。「槍カレー」、旨かったです。
DSC00094a.jpg

山荘テラスから見る槍の穂先には沢山の登山者が取り付いています。
DSC00091a.jpg

ここから見ると、なかなか凄い所を登っていますねえ。
でも私は今日はパス。折角ですから明日のご来光に合わせて登る事にします。

お腹が落ち着いた所で指定された場所にテントを張りに行きました。
今回、新たに導入したモンベルの「ステラリッジテント」Ⅰ 型。コンパクトでとっても軽く、設営も簡単でした。
DSC00096a.jpg

ただ、槍の天場は地面が石ころばかりでペグが刺さりません。風で飛ばされない様に大きな石に張り綱を括り付けます。
これで今夜のお家も完成!。
まだ午後3時なので、あちこちをブラブラします。

槍ヶ岳山荘、本当に素晴らしいロケーションです。
DSC00121a.jpg

テントから東を見ると、常念岳の堂々とした姿。
DSC00098a.jpg

西の岐阜県側は雲が掛かって景色は見えませんが、西鎌尾根を乗り越える滝雲が綺麗でした。
DSC00115a.jpg

今回は軽量化のために食料を切り詰めたので、夕食はフリーズドライの牛飯とレトルトの肉団子のみ。
あっという間に出来てあっという間に食べてしまいました。おまけにお茶葉を持ってくるのを忘れたので食後の「お湯」を飲んだらもう何もする事は有りません。

明日は早起きなので夜7時は寝袋に潜り込んで寝てしまいました。

(つづく)
関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

いや~良い景色ですねえ。
今年は多分いけそうにないですが、来年は槍ヶ岳行きたいです。
後半楽しみにしてます。

山ってきれいなんですね

景色きれいですね。山登っている時はしんどいんですよね・・?今まで登山って全く興味ありませんでしたがまっさーさんのブログ見ていると挑戦してみたくなりますね。もしよければ、初心者コースからレッスンしてください。

Re: No title

Shallowさん、こんばんは。
良い景色でしょう!。でも夏の北アルプスは9時、10時には雲が出てくるので頂上からの景色を楽しむには上に泊まるしかないんですよねえ。後半をお楽しみに・・・。

Re: 山ってきれいなんですね

サスケさん、こんばんは。
いつも有り難うございます。景色、きれいでしょ。晴れれば、の話ですけどね。
登山は自転車の様に楽ではありませんが、しんどい思いをするだけのことはあると思います。
また色々と伝授させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。