FC2ブログ

プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期の比良・武奈ヶ岳(敗退)

去年の丁度この時期、比良山・武奈ヶ岳に登りましたが、登頂はしたものの吹雪で何も見えず、今年は是非そのリベンジをしようと、ほぼ同時期のこの日曜に再びチャレンジしてきました。

今回のメンバーはmillionさん、MR井さん、ホネウオギノさんと私の4名です。
millionさんに車を出していただき、葛川坊村に8時過ぎに到着。準備を整え8時半前に出発です。
好天を期待しましたが、冬型の気圧配置が強まり山は荒れ模様の様子。麓で既にこの雪です。

DSC00927a.jpg

奈良は晴れていたのに、1時間半ほど走っただけでこの雪です。(去年の様子
さあ、今日はどんな山行になるでしょうか?。




坊村の比良山荘の前をとおり、登山口へ。
DSC00928a.jpg

先週末からのあめで表面の雪が溶けた上に新雪が積もってとても滑りやすく、登山口からしばらく行って早々とアイゼン装着です。
DSC00930a.jpg

雪はどんどん降り積もり、風も強くなってきます。斜面が急なのでスノーシューを付ける訳にも行かず、ツボ足+アイゼンで登ります。去年よりずっと積雪が多く、結構体力を消耗します。

標高800mを越えると更に雪の量も増え、気温も下がってきます。風も強くて顔や手が冷たい!。
DSC00934a.jpg

急登が終わって夏道と分かれしばらく尾根筋を行くと巨大な雪庇が出現します。去年より更に巨大です。
DSC00939a.jpg

雪庇の切れ目から尾根に上がって記念写真。
DSC00942a.jpg

しばらく登ると先行パーティーが休憩中で、「ここからトレースは無いよ」と。
どうしようかと考えましたが、GPSで見ると御殿山まであと距離にして400m程なのでとりあえずそこまで行く事にしました。今日は先日ゴムを交換したスノーシューを持参しているので、それを履いて行きます。

スノーシューを付ければ新雪でもご機嫌で登れます。急勾配はちょっと辛いけど、そこそこの坂までなら十分に登れますね。

雪はどんどん激しくなり、風も強いので吹雪になってきました。
ようやく御殿山(1097m)に到着。この先は今日は誰も登ってない様で、まだ踏み跡がありません。
武奈ヶ岳方面は吹雪の中です。
DSC00946a.jpg

先着パーティーもここで引き返すと決めた様だし、こんな吹雪の中を登っても景色も見えず寒いだけなので、ちょっと残念ではありますがここで引き返す事にしました。

引き返すと聞いて発狂し(狂喜乱舞して)?雪中で逆立ちする者も出る始末・・・?
DSC00948a.jpg

この寒いのに元気ですねえ!。
DSC00949a.jpg

とりあえず、ここまで来た証拠に記念写真を1枚。
DSC00945a.jpg

写真を撮ったら長居は無用、さっさと下りましょう。
先程の巨大雪庇の裏側に降りると風は嘘の様に止んで、それだけで体感温度がグッと上がります。
ここらでお昼にしましょう。

DSC00950a.jpg

今日は前回の経験を生かしてカップラーメンでは無く、鍋で温める味噌煮込みうどんにしました。
持参した牛肉も一緒に煮込めば豪華なメニューになります。

millionさんはも手慣れてササッと昼支度。
DSC00951a.jpg

ホネウオギノさんは私の食事が出来る頃には食べ終わってはりました。
DSC00952a.jpg

食事を食べれば体は芯から温まり、みんな見る見る元気になりました。
あとは下るだけ、と思ったら、登ってきた踏み跡が雪で埋まり、先行パーティーがルート探しに苦戦してます。
雪山では下り道は、どんどん分かれて行く尾根を正しく選んで下らないと大変な事になります。
こんな時にハンディGPSがとても頼りになりました。

ルートさえ分かれば新雪をかき分けてどんどん下って行けます。
DSC00954a.jpg

新雪の下りを堪能しながら下山したのが午後2時前。無事で良かった良かった!。

帰りは琵琶湖大橋の向こう側で温泉に入り、帰り道で最近ローディーに人気の石山の和菓子屋さん、茶丈藤村でティータイム。
DSC00956a.jpg

美味しいぜんざいをいただいて帰りました。
DSC00957a.jpg

次は是非とも自転車で来たいですね。


頂上へは登れませんでしたが、去年以上の大雪で厳冬期の比良山を堪能できました。
登頂だけが目的では無いのでまあ、これでも十分楽しめて良かったと思います。
何より山は無事に帰ってなんぼですからね。

また来年も、今度は良いお天気の日に頂上からの景色を楽しみに登りたいものです。
関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

1月に行った時も感じましたが御殿山で気持ちが切れますね(笑)
ましてやトレースも無いとなると・・・

ちなみに塗装剥がれの対策がされた靴が届きました。
週末、試してみようと思います。

Re: No title

Shallowさん、こんばんは。
ブログ見せていただきましたが、同じ日でも武奈ヶ岳と蓬莱山とでは全然天気が違ったんですね。
吹雪で気温も低く、トレースの無い所に踏み込んで行く気はしませんでした。

ところで、SCARPAのトリオレPROですが、塗装剥がれの対策品に交換してもらえるんですか!。
これは私も言わないと損ですね。良い事を教えていただきました。ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。