FC2ブログ

プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW最後はロング「ラン」で

このGWは色々と遊ばせて貰いましたが、連休最後の6日は今後に向けてランニング(ロング)の強化練習をする予定で行き先を考えていました。
色々検討して、吉野山から公式にはまだ不通ながら噂では通れるらしい吉野大峰林道を偵察がてら走って洞川まで行き、そこから今度はこれまた不通の小南峠を通って黒滝村から地蔵峠を通り、吉野山に戻って来るコースを思いつきました。40kmちょいのコースでそこそこアップダウンが有り、おまけに不通箇所の偵察も出来るという、一石三鳥のコースです。もし通れなかったら?、その時は引き返すなり、バスで帰るなり、何とかしましょう。

さて、頑張って早起きし、5時半に家を出て(珍しく起きられた!)近鉄を乗り継ぎ、吉野駅に7時半に到着。
早くから開いていた売店で補給食に柿の葉寿司を買って準備万端。遥か洞川を目指して出発しました。
P1050826a.jpg

桜のシーズンが終わった朝の吉野山はとっても静かです。先は長いので登りは走らず、早歩きです。
洞川まで23km、獲得標高1100mの道程で、自転車やトレラン(片道)で行った事は有りますが、走りで往復するのは初めてです。さて、帰って来られるでしょうか?。




吉野駅を出発したのが7時40分、蔵王堂で蔵王権現に今日の無事を祈り、黙々と急坂を登ります。
上の千本で振り返れば吉野山から遥か金剛、葛城山まで綺麗に見渡せます。
P1050829a.jpg

最高のお天気と、一寸肌寒い気温で快適にペースが上がります。
コンクリートの激坂をひたすら登り、一息ついた所が奥の千本、金峯神社です。
P1050831a.jpg

ここまで丁度1時間、標高700mまで登ってきました。
これからの急登に備えてさっそく柿の葉寿司を2つ補給します。やっぱりロングにはご飯を食べないとね。
去年のトレランの時は鳥居をくぐって登山道の方へ行きましたが、今日はあくまでロングロードの練習なので、ここは左手の車道へ進みます。と言うか、忠実に稜線を辿っていてはとても往復なんて出来ません。

ここから先は吉野山ほどでは有りませんが、8%前後の結構な坂が続きます。ロードバイクで来た時はそんなに感じませんが、足で走っていると「よくこんな坂自転車で登ってるよな」って思いますね。

しばらく行くと、黒滝村から上がって来る林道との分岐点に着きます。ここから先は公式にはまだ通行止めになっている区間です。でも、道は綺麗で、工事関係車や林業の車は通っているようです。
P1050836a.jpg

奥駆け道の登山道との分岐点を過ぎてしばらく行った所で、左手の谷が崩れてその土砂を押し固めた状態で仮復旧?している所がありました。通行には支障ないですが、石があるのでロードは押して通った方が良いかも。
P1050838a.jpg

この辺りから尾根を回り込むまでが自転車でも一番苦しい所ですが、歩きだとホントに長く感じます。
やっと尾根の先端まで来ると、一気に大峰方面の視界が開けます。
真ん中の尖った山が大天井岳、左手奥が山上ヶ岳です。
P1050839a.jpg

ここから先は傾斜が緩んでゆっくりですが走ろうかという気になります。
この直ぐ先で、道路の決壊箇所が補修されていました。舗装はまだのようです。
P1050841a.jpg

このほかにもあちこちで路肩の法面の崩壊箇所は多数有って、このようにまだ片付けられていません。
でも足下に注意して走行すれば問題は無いでしょう。
P1050842a.jpg

しばらくして、自転車でいつも休憩していた絶景ポイントです。西の方、高野山方面が綺麗に見えています。
P1050844a.jpg

この直ぐ横も豪雨で大きく崩れた様ででが、そこも綺麗に補修されています。
P1050845a.jpg

ちょっと走って横から見たのかこちら。
P1050846a.jpg

その先にも小さな法面崩壊はたくさん有ります。
P1050847a.jpg

驚いたのは、その先にシルバーマークの乗用車が止まっていて、その近くを70台半ばとおぼしきおばあちゃんが1人で歩いていました。何をしているのか聞くと、山菜採りにここまで上がってきたが、まだ寒いので殆ど出ていないとのこと。地元の人でしょうけど、お年寄りは元気というか何というか・・・。

奥駆け道と林道が交差する「百丁茶屋跡」まで来ると、ここに通行止めの看板が出ていて、一応ここまでは公式に通れるようです。
P1050849a.jpg

ここから先も林道の方を走ります。(3年前にクマに出会ったのはこの先の奥駆け道でした)
P1050850a.jpg

ここから先は下り基調で路面も綺麗に整備されており、快適に走れます。しばらく行くと高原林道との合流点に出ます。こちらは大崩壊の復旧がいつの事か知れず、未だに完全通行止めで徒歩でも通過は難しいでしょう。でも、工事車が入っている様子なので、復旧工事には掛かられているようです。開通を期待しましょう。
P1050851a.jpg

さっきおばあちゃんに出会って以来、車も、自転車も、当然ランナーも、誰1人として会いません。(熊にも・・)
新緑の高原林道を独り占めで走って行くと、大天井滝です。豪雨被害は無かった様で、昔と変わらぬ綺麗な滝です。
P1050855a.jpg

橋の横の桜が満開でした。
P1050856a.jpg

あと一頑張りで、五番関トンネルに着きました。
P1050858a.jpg

ここの土砂も綺麗に片付いていました。標高1100m、じっとしていると肌寒い気温です。
トンネル照明が無いのでライトを取り出してトンネルに入ります。真っ暗なトンネルは一寸怖いので、走って通過しました。

トンネルの反対側はいつもと変わらぬ姿で、登山者の車も止まっており、少しホッとします。
P1050861a.jpg

ここから洞川の町まで約5km、結構な急坂なので足をいたわって飛ばしすぎない様に下ります。
ゴロゴロ水は採水に来た自家用車でいっぱいでした。ペットボトルに水を補給して直ぐに出発。
やっと洞川の町に着きました。時間はちょうど11時30分。吉野から23.1km、3時間50分でした。

時間に余裕が出来たので、お昼はこちら、中華料理「彰武」でしっかりと食べる事に。
P1050862a.jpg

焼き飯で腹を満たして、さあ帰りは頑張って小南峠を越えて行きましょう!。
と、出発して直ぐにいつものパン屋が目に留まり、
P1050864a.jpg

やっぱりこちらも買ってしまいました。あかん、これやからこんなに走っても痩せへんのや・・・。
P1050863a.jpg

さすがに今はお腹いっぱいなので、パンはバックパックに入れて、今度こそ出発!。
洞川の町はこれからが新緑のシーズンです。
P1050866a.jpg

洞川から北へ向いて広い道を走って行くと、山に入った所で急に道が細くなり、通行止めの看板が出ています。
P1050868a.jpg

この先も林業の車は入っているので、道は比較的綺麗です。ただ、この区間は平均勾配11%の激坂で、早歩きが精一杯、自転車で登るのは考えたくも無いです。
P1050870a.jpg

峠を登り詰めると、いよいよ完全通行止めの看板が出ていました。
P1050871a.jpg

三段構えになっていて、何が何でも通さないぞと言った感じです。
取り敢えずトンネル入り口まで行くと、
P1050874a.jpg

これは厳重なバリケードです。自転車でもちょっと通り抜けるのは厳しいかな?。
仕方ないので超能力を使って通り抜ける事にします。
呪文を唱えて、・・・・エイヤァッ!!



P1050876a.jpg

暗闇を空間移動して、あっという間に通り抜けました。

あー、怖かった。

反対側の入り口はこんな感じで、こっちのガードは緩いようですね。
P1050877a.jpg

でもこの先の道は更にひどい状態です。
P1050879a.jpg

枯れ枝と小石が散乱し、長らく放置されているようです。
その先の景色は昔と変わらず、金剛、葛城山が遠望できます。
P1050881a.jpg

ここからは平均勾配10.5%の下りが5km続きます。膝を痛めない様に慎重に走ります。
途中で右手遥かに吉野大峰林道が見えます。
P1050884a.jpg

凡そ550mを一気に走り下り、黒滝村に下りてきました。
学校前の自販機で水分を補給し、柿の葉寿司の残りを詰め込んでホッと一息。さすがにこの下りは足に来ました。
まだこれから吉野まで11.5kmもあります。頑張らないと!。

緩い坂道をヨタヨタと走って地蔵峠まで来ました。
右のトンネルを抜けるか、左の峠道を上るか、
P1050886a.jpg

考えるまでもありません。「そらトンネルしか無いやろ」、峠を登ったらそれで終わってしまいそうです。

1200mの長いトンネルを走り抜け、なお続く坂道を惰性で走り下ります。
自転車だと直ぐの道程ですが、ランニングでは下りも頑張らないと進みません。
やっとの事で才谷の分岐に到着。右に行くとショートカットで吉野山に出られます。
当然右へ。

もうここからは登りも下りも走る体力はとても残っていません。
でも時間はまだ14時30分。あと吉野まで5.7kmなので、歩いて行っても1時間ちょっとです。

気温も大分上がってきたので、新緑を楽しみながら歩いて行きます。
吉野山の手前で、シャガの大群落がありました。
P1050889a.jpg

自生でしょうか、こんな群落は初めて見ました。

間もなく吉野山に到着。さすがに観光客の姿が目立ちます。
蔵王堂で無事に帰ってこられたお礼をしました。
P1050891a.jpg

連休最終日とあって、門前の草餅屋さんはお休み。人の数も少ないです。
P1050892a.jpg

最後の急坂を下って、やっと帰って来ました!。
15時30分丁度に近鉄吉野駅に到着。

距離45km、所要時間 往路3時間50分、復路3時間30分 獲得標高 1400m でした。

ご褒美にソフトクリームで補給。
P1050894a.jpg

今回は長距離トレーニングに加えて不通区間の偵察も出来、なかなか有意義な1日になりました。
天気も良かったし、洞川が自走往復できると分かった事は大きな収穫でした。

今日のコースです。


ご注意:このレポートはあくまで私が通過した時の記録であり、道路状況は刻々と変化します。同ルートの通過を考えられる方はあくまで各自の自己責任で判断いただき、私に一切の責任は負いません。


関連記事

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

No title

やっぱり変態ですやん(笑)

Re: No title

ATIKさん、
富士山の周りを160kmも走る人と比べたら余程まともですって。

吉野大峰林道

パトロールありがとうございます!(笑)
ロードで走れそうですね。
昨年春はとんでも無い状態でした。

Re: 吉野大峰林道

テッドさん、ご無沙汰です。
今回の偵察は特にテッドさんのために行かせていただきました。
もう大丈夫ですので、またご一緒に「きらく」に冷や奴を食べに行きましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。