プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良・奥山で50km走

9月の丹後100kmウルトラマラソンを控えて、この時期にせめて一度は50km程度を走っておかないとと思っていた所、天候不順で予定していたアルプス行きが中止になったので、こちらを決行する事にしました。

この時期、余りに暑すぎて昼間にロング走なんて考えられません。そこで、本番が4:30のスタートである事も考えて、そのシュミレーションも兼ねて早朝のスタートでアップダウンの有るコースを考えました。

朝4時過ぎに起床し、ガス欠にならない様にしっかりと食べて準備を整え、5時丁度にスタートしました。

早朝の学園前の街は車の姿も殆どありません。
P7280110a.jpg

先が長いので、ペースはキロ6:30程度に抑えて走ります。気温が低い(5時で23.5℃)ので快適です。



西大寺の駅前も全く静か、あっさり通り抜けて平城京へ。
DSC_0417a.jpg

既に太陽は昇っていますが、薄曇りで陽射しも弱く、暑さは全くありません。
P7280113a.jpg

1時間とちょっとで東大寺に着きました。時間はまだ6時過ぎです。
観光客は殆ど居ません。と言うか、この時間既に観光客が居る事が驚きでした。
P7280117a.jpg

春日大社を通り抜けて春日山遊歩道へ。今日は柳生街道では無くて、旧ドライブウエイの遊歩道の方を走って行きます。さほど傾斜が強くないので走って登れます。
P7280118a.jpg

ペースは7分〜7分半のスローペースですが、これでも十分です。
凡そ30分でドライブウエイに出ます。そこからしばらく登ると石切峠。峠の茶店は当然まだ閉まってます。

そこから今回は柳生街道方面には行かず、真っ直ぐに誓多林の集落を通って大柳生を目指します。
途中で県道への登りが予想が行ききつく、歩いて登り切って、そこから大柳生までが陽射しもあって結構しんどかった。

大柳生の農協前で大休止です。
P7280119a.jpg

ここまでで26.7km、やっと折り返し地点です。コーラを飲み干し、ハイドレーションを補給してリスタート。
今度は忍辱山へ登りが続きます。陽射しもきつくなって走る気がしないので、忍辱山までは歩きに。

自販機でもう一度水分を補給。ペットボトルのミネラルウォーターを一気飲み。
パンは咽を通りにくかったけど無理矢理水で流し込みました。
P7280120a.jpg

円成寺の前では睡蓮がきれいに咲いていました。
P7280123a.jpg

そこから敢えて柳生街道を辿らずに県道経由で大慈仙から登り返すコースへ。
これが失敗で、想像以上の急な登り返しに体力を大幅に消耗。
素直にこっちの道を行っときゃ良かった!。
P7280128a.jpg

峠の茶店を再びパスしてノンストップで春日山遊歩道を走り下ります。
下りきって春日大社の参道の茶店で休憩。
思わずソフトクリームを食べます。
すると鹿が寄ってきて顔の横で鼻息をフンフン!。もうちょっとで取られてしまう所でした。
DSC_0419a.jpg

カロリーを補給したらちょっと元気が出て、記念写真を撮っておきました。
P7280130a.jpg

11時を過ぎた東大寺の参道はさすがに人が多い!。外国人が特に多かった気がします。
P7280131a.jpg

しかし、気持ちよく走れたのはこれからしばらくだけ。一条通の歩道を延々走るうちに段々と体温が上がってきて走れなくなってきました。
脱水かなと思い、平城京跡の自販機でドリンクを補給したり、頭から水をかぶったりしながらだましだまし走ります。

最後はもうフラフラで、登りは全く走れず、もう限界という頃にやっとの事で自宅に帰り着きました。

距離は51.4km 獲得標高 1046m でした。

とにかく時間が掛かりすぎ。暑かったから休憩を多めに取った事もありますが、51km走るのに7時間半近くも掛かっています。これでは100kmの制限時間14時間に間に合いません!。
そもそもこれから更に50km走るなんてとても考えられません。
当日はこれほど暑くは無いでしょうが、去年の様に異常気象で高温も予想できるだけに、50kmを走ってますます完走が遠のいて行く様な気持ちになったのでした。

今日のコースです。


関連記事

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

100キロは長い・・・

お疲れ様です。セント君とのツーショット写真和みますね。しかし、暑い中51キロ走は命がけですね。僕も最近の真昼間30キロ走4時間程かかっています。全くスピード出ません。熱中症ギリギリでよね。

No title

50km走、お疲れさまでした。昨日も蒸し暑かったですし、熱中症気味だったのではないでしょうか?。昨日わたしは淡イチでしたが、前半はいい天気だったのでバテ気味→昼食食べたら曇ってきて小雨になったので、急に元気がでて気持ちよく走れるようになりました。やっぱり、暑さ対策って重要ですね。

Re: 100キロは長い・・・

サスケさん、こんばんは。
日曜日はホントに疲れました。朝5時にスタートしたからこそ最後まで走れましたが、あと1〜2時間遅かったら確実に熱中症で倒れてましたね。そちらもダイトレから淡一に変更されて正解だったと思いますよ。まだまだ猛暑が続くのでお互い体に気を付けて練習しましょう!。

Re: No title

ももたろうさん、こんばんは。
こっちもしんどかったですが、淡一もお疲れ様でした。夏場の暑さ対策って大事ですね。自転車だと走っていれば風が当たるので、まだランニングよりはましですが、給水を怠るとあとでエライ事になります。でも、サスケさんのあのペースにある程度ついて行かれたと言う事は、凄い進歩されてますね!。

51km走お疲れ様です!

いつもお世話になってます。
51kmと獲得標高1046mとを練習される先生は凄すぎです。先日私平坦50kmを何とか七時間弱でした・・・まだまだまっさーさんの壁は高いと痛感致しました。丹後半島ウルトラマラソンは60km付近から800mの登りがある事を想定しての練習メニューとして実践されるのも凄すぎです。まっさーさんにはまだまだ追いつけませんが私犬太郎も盆休みに登りを入れた走りを頑張り、完走目指して行こうと思います!

Re: 51km走お疲れ様です!

犬太郎さん、こんばんは。
過分にお褒めいただき有り難うございます。ただ、振り返ってみて、距離と登りの両方を兼ねた練習を敢えて行ったのが良かったかどうか、今はちょっと考えてます。練習でも本番でも、ある程度の急坂は歩くしか無い訳で、登りでも歩くと大幅に楽ですから、長距離を走り続ける練習としてはどうしても間に「休憩」を入れる事になってしまいます。だから、「距離は距離」、「登りは登り」で分けた方が内容の濃い練習が出来るのでは無いかと思います。犬太郎さんもどうか猛暑の中で無理な練習をされない様にご注意ください。とにかく、頑張って完走を目指しましょう!。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。