プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開、自転車練

丹後100kmウルトラマラソンが終わって1週間。
体へのダメージは想像以上に大きく、足の筋肉痛は当然ながら、全身の倦怠感、両足裏の巨大なマメなどに長い事苦しめられてきました。
やっと倦怠感や日常生活での筋肉痛は取れましたが、まだ足裏のマメは完治せず、歩くと痛みが走ります。

でも、いつまでも休息している訳にも行かないので、連休2日目の土曜日に6月末以来の久し振りで自転車練をする事となりました。

最初は嵐山までサイロで平地練をと思いましたが、水害で路面が砂だらけになっているかなと思い、奈良県内にコースを変更。お決まりのルートを走る事にしました。

普通に起きて午前9時に自宅を出発、富雄川を南へ走り、大和川からはサイクリングロードへ。
夏草が茂って幅の狭まったサイロを走ります。
P9230523a.jpg

ホントに久し振りの自転車です。




橿原市から更に飛鳥川沿いに走って着いた所が飛鳥の石舞台。水を補給したら最近話題の石舞台が外から丸見えの展望台へ。なるほど、最近まで有った大木が台風で倒れたのか切り倒されています。
P9230524a.jpg

因みにホイールは今日がお初の「マヴィック・コスミックカーボン40C」です。クリンチャータイヤが付けられるカーボンホイールで、フランジの内側にアルミの芯が入ってます。レース用と言うよりロングライド用のカーボンディープホイールですね。
BORAの様に軽くは有りませんが、高速になるとエアロ効果を感じられます。

ここの一つ東側の高台からは以前の様な木陰の写真が撮れます。
P9230527a.jpg

さてさて、いつまでも休憩してないでそろそろ出発。多武峰に向けて登り始めます。
しばらく登ると一人のローディーに追い付きました。追い抜きざまに声を掛けると、なんとチームシロッコのももたろうさんでした。世間は狭いですね。

タラタラと登っていこうかと思ってましたが、後から着いて来られると俄然頑張ってしまいます。最初のカーブまでの急坂で頑張り過ぎてしまい、そこから先はタレタレに。二つめの橋の上で撮影を口実にちょっと休憩。ももたろうさんは直ぐに追い付いてきました。聞く所によると、ローラー台で日々トレーニングされてるとか。シロッコのメンバーは皆さん練習熱心なので上達が早いです!。
P9230529a.jpg

橋の上でしばらくお喋りしたあと、ももたろうさんは多武峰から桜井へ、私はそのまま大峠を越えて大宇陀へ向かいます。トンネルまでの登りはもう足が売り切れてヘロヘロ。いつもはここまでしんどい事は無いんですが、まあウルトラ疲れが残っているって事にしておきましょう。

大峠のトンネルを越えて、大宇陀へと下り、道の駅でまた休憩。柿の葉寿司5個入りを買ってお昼ご飯にします。
ついでに大宇陀のパン屋「あなんだ」が再開されてないかな、と見に行きましたが、まだ育児休暇でお休みでした。再開が待ち遠しいです。

大宇陀からR166の佐倉峠を越えて、東吉野へ下り、木津峠を登ります。
P9230530a.jpg

こんな大した事の無い坂で、太腿が痛み、筋肉が攣りそうになりました。やっぱりウルトラのダメージは想像以上に大きいです。(と、言う事にしておきましょう・・・)

トンネルを越えるとお決まりの展望ポイント。高見山がきれいに見えます。
P9230531a.jpg

左手の桜の木は、もう紅葉が始まってますね。台風の影響かな?。

ここから高見川に沿って下り、丹生川上神社中社の前に出ます。高見川の流れはいつ見てもきれいです。
P9230535a.jpg

赤い橋の上から静かになった河原を見ます。
P9230537a.jpg
水の色が本当にきれいです。

ここから吉野、下市にかけて道はずっと下り基調です。いつもなら楽勝のコースなのですが、これが今回は平地でも足が痛い。おまけにしばらく乗ってないとまだ100kmも行かないのにお尻まで痛くなってきました。

吉野側が合流すると、ダム湖からの水の影響で途端に水が濁ってしまいます。
P9230538a.jpg

津風呂湖近くまで来ると、もう足の痛みが堪らなくなり、おまけに足に力が入らなくなってきました。
これは恐らく「ハンガーノック」と言うやつでしょう。やっぱりお昼に柿の葉寿司5つは少なすぎたようです。

津風呂湖下のコンビニでサンドイッチとあんパンを買って、甘いコーヒー牛乳で流し込み、何とか復活しました。

その後は吉野側右岸の県道をタラタラと下市まで走り、楽な車坂を越えていつのもサイロで自宅を目指します。
さっき食べたサンドイッチが徐々に吸収されてちょっと元気になりましたが、やっぱり平地でもしんどいのは変わりません。

元気だったらサイロより、一般車道を走る方が早いのですが、今日はとてもそんな元気は無いので、富雄川沿いもずっと自転車道を走りました。
やっと自宅に帰り着いたのが17時半頃。
走行距離はたったの138km、対して大きな峠も越えてないのに本当に疲れました。

あと1週間ほど休んだら「超回復」で元気になるのか、それともズルズルと落ちて行くのか、
どっちに転ぶんでしょうかねえ・・・?。
関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

お疲れさまでした!

先日は偶然にお会いしましたね!。ウルトラマラソンの疲れなどが残っているのに、もうロングライドされてたのですね~。談山神社への登り、やっぱり速かったですね!
高見川沿いから丹生川上神社への道、私も以前は何度か自転車で走りました。夏でも涼しいので、気持ちいい道ですね。
まだ完全に体調が戻っておられないでしょうから、くれぐれも無理のないようにしてくださいね。

やはりもう動いてましたか!?

まっさーさんも、足痛くてもじっとしてられないタイプですね(^o^)/僕も足裏のマメ痛いですが、もう走ってます♪(^_^)v
ゆっくりすればいいのに自分でもアホやと思ってます…(-.-)
また自転車誘って下さいね~(^^)v

Re: お疲れさまでした!

ももたろうさん、こんにちは。
多武峰の登り、とっても早かったですよ。ちょっと焦って頑張りすぎたので、後に堪えました。
紅葉シーズンになったら吉野方面のきれいな所をご一緒しましょう。

Re: やはりもう動いてましたか!?

サスケさん、こんにちは。お互いよっぽどアホですな。
まあ、こういう性分ですから仕方が無いです。
吉野の紅葉がきれいになった頃に、みんなでツーリングに行きましょう!。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。