プロフィール

まっさー

Author:まっさー
年齢: アフター50歳
性別: 男性
住所: 奈良県

自転車とマラソンに出会って12年、お陰で新しい世界が開けました。
耐久系のイベントを中心として、仕事との両立を図りつつ頑張っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島一周+寒霞渓ツーリング(練?)

ウルトラマラソンから2週間経ってそろそろ疲れも取れてきたかなと思っていたところ、大阪のChokoさんから小豆島ツーリングのお誘いをいただき、二つ返事で参加させていただく事になりました。

小豆島は観光で一度だけ行った事は有りますが、自転車で走った事は無く、一度行ってみたいなと思っていました。
コースの取り方にも因りますが、忠実に海岸線を拾って回ると一周薬80km、島の中心には紅葉で有名な「寒霞渓」の山が標高800mで聳え立ち、そこに東西南北から4本の道路が登っています。
事前の話では「1周するだけ」との事ですが、主催者がChokoさんだけに、山に登らされる可能性も十分有ると思いました。

さて、島に渡るには船に乗る必要があり、今回は姫路ー福田航路を利用するので、朝7時15分発の初発便に乗船すべく、車に自転車を積んで姫路港に集合しました。
今回のメンバーは大阪組がChokoさん他3名、奈良組がmillionさん、テッドさん、K原さんと私の4名です。
車は港近くの駐車場に置いて、自転車で乗船します。
P9290001a.jpg

姫路から福田までは1時間40分の船旅ですが、それでも船に乗っていくのはちょっとした旅行気分でワクワクです。
7時になったら乗船です。




運賃は1名+自転車1台で1900円。車両甲板の端に1台ずつ固定して貰います。
P9290004a.jpg

意外と丁寧な扱いにビックリ。
定刻に姫路港を出港、短距離のフェリーでも旅情満点です。
P9290005a.jpg

みんな船旅にウキウキ、船室にじっとなんてしてられません。
P9290010a.jpg

お天気は快晴で瀬戸内は波も無く、最高の気分です。
P9290011a.jpg

P9290014a.jpg

間もなく前方に小豆島が見えてきました。
結構大きな島で、中心の寒霞渓が高く聳えています。
P9290015a.jpg

8時55分に定刻で到着。
みんなが下船したのを確認すると直ぐにChokoさんの「行くで!」の掛け声で出発です。
ここから時計回りに島を一周します。
街を出たと思ったらいきなり登りです。
P9290018a.jpg

小さい峠(標高差100m程度)で岬を回り込むと下って入江の町に。
P9290020a.jpg

島の外周道路は基本的にこの繰り返しで、淡路島の様に平坦コースではありません。いきなりインターバルトレーニングの様相を呈してきました。まだアップも出来る前なのでやたら息が切れます。

国道は大きな岬をトンネルでパスして行きますが、岬の方が景色が良いのでトンネルなんか走らせてもらえません。
アップダウンの連続を黙々とこなしますが、ずっと左手に美しい海を眺めながら走るのでしんどさも紛れます。
登りもそんなに長くは続かないので何とかなります。
P9290025a.jpg

走って来た道を振り返るとこんな感じ。
P9290029a.jpg

岬の突端に近付くと、左手に「風の小島」が見えます。海の色がとってもきれい!。
P9290031a.jpg

岬を回り込み、坂手港を通り抜けると、道の両側に醤油工場がいくつも見られ、その中の「マルキン醤油」の記念館横に自転車を置いて、
P9290033a.jpg
(マル金印の前にマル金の自転車が・・・)

ここで、有名な?「しょうゆソフト」をいただきます。
P9290036a.jpg

名前を聞くと、えっ、と思いますが、食べてみるとほのかに醤油の香りがして、味は微かにみたらし団子の様な醤油味がして、とっても美味しいです。これは食べてみないと分かりませんが、お勧めです。

さて、しょうゆソフトで血糖値を上げた所で先を急ぎます。
しばらく入江に沿って穏やかな道を行きますが、
P9290038a.jpg

これも束の間、再びアップダウンの連続です。
でも左手に見える海は溜息が出るほどきれいで、登りのしんどさは苦になりません。
P9290039a.jpg

P9290041a.jpg

P9290043a.jpg

P9290045a.jpg

そして留めの「富士峠」の激坂を登り詰めると、
P9290046a.jpg

その先にはまたまた美しい海が、
P9290048a.jpg

また、島の道路は車の通行が本当に少なく、また道はどれもきれいに整備されており、パンクを気にする様な落石も無く自転車にとってはまさに天国の様な道です。

ひとしきり海の絶景と、激坂の波状攻撃を楽しんだあとは小豆島ふるさと村の食堂で限定5食の「ひしお丼」をいただきました。
P9290051a.jpg

これまた美味で、ご馳走さまでした。

さて、食後は西海岸の土庄の町を通り過ぎ、海岸伝いに北海岸を走ります。
風向きが変わって強い向かい風になり、先頭交代をしつつ走りますが、またそのペースが速い速い!。
ヒーヒー言わされて、ふと一息。左手には岡山県の牛窓方面が望めます。
穏やかな美しい景色です。
P9290053a.jpg

その後もChokoさんの鬼引きであっという間に「大阪城残石記念公園」に到着。
ここで、この先そのまま海岸線を走るか、それとも寒霞渓にヒルクライムをするかで相談が始まりました。
P9290056a.jpg

まあ、このメンバーで来て山に登らずに終わるはずが無いと思っていましたが、予想通り北コースから寒霞渓に700mのヒルクライムをすることになりました・・・。

大部港の横から右に曲がって正面の山のまだ向こうまで登ります。
メンバー「登りは何キロほどですか?」
Chokoさん「6キロ程や!、大した事ないで。」
メンバー「あそこに9kmって書いてますやん・・・」
この人の言う事は信じてはいけません。
P9290058a.jpg

で、海の横、海抜0mから寒霞渓へ700mのヒルクライムの始まりです。
P9290059a.jpg

左の方にウネウネと登るつづら折れの道が見えます。
P9290061a.jpg

麓からヒーヒーと50分ちょっと掛かってやっと寒霞渓ロープウエイの山頂駅まで登り着きました。
2年前に観光バスでここまで来ましたが、まさか自転車で来るとは思いませんでした。

さすがに有名観光地だけ有って景色は抜群です。
あと一月もすれば一面の紅葉で見事に谷が染まります。
麓の入江の向こう側に見える岬の突端に有名な二十四の瞳の分教場があります。
P9290064a.jpg

水分と行動食を補給したらあとは一気に下るだけです。
眼下の遥か下にフェリーの出る福田港が見えます。
P9290067a.jpg

700mを一気に下り、途中で吉田ダムの方に分かれると、ダムの下に「吉田温泉」が有ります。
P9290070a.jpg

ここで汗を流して、小さい岬を一つ回り込むと今日の終点、福田港に帰って来ました。

今日1日の走行距離は103km、獲得票高は約1800m有りました。
島の1周とヒルクライムでこれだけの標高差を稼げる所ってそうは無いと思います。

港ではChokoさんが予約してくださっていた「あなご弁当」をいただき大満足。
1374828a.jpg

17時15分のフェリーに余裕で乗船して帰途につきました。
P9290073a.jpg

小豆島一周は「淡一」より距離は短いけれどもずっとハードで、でも車は少ないし、景色は良いし、自分としてはこちらがとても気に入りました。

帰りの船から眺める夕暮れの小豆島がとても印象的でした。
P9290078a.jpg

こんなに良いところなら、また来たいですね。今度は午前中の元気なうちに寒霞渓に上って、下りてきてからグルメツーリングをしたいと思います。

今回の計画や色んな手配をしていただいたChokoさん、ども有り難うございました。

今回のコースです。
syoudosimap2.jpg


関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

お疲れ様でした!

終わり良ければ全てよし。最高のツーリング日和でしたね?小豆島の良さを理解頂けただけで、今回の弾丸ツーリングは成功です(笑)。次回は一泊で、湯布院から阿蘇山までの…やまなみハイウェイを計画しますね!

No title

 小豆島いいとこでしょう。実は僕、半年程ですが仕事で小豆島にいたんです。しかし、当時は自転車も乗ってなかったので、こんな楽しみ方したことなかったです。うらやまし~
 このツアー本当に楽しそうです。これ泊りで2周したい所ですね。まっさーさん是非シロッコでもツアーくんで下さい。宜しくお願い致します。

Re: お疲れ様でした!

Chokoさん、こんばんは。日曜はどうもお世話になりました。
仰るとおり、小豆島は自転車ツーリングには最適の所でした。朝からフェリー日帰りでも一周+HC1本が無理なくこなせる絶妙の距離ですね。また次回は別のHCコースにトライしてみたいです。
やまなみハイウエイも是非行ってみたい所です。計画よろしくお願いします。

Re: No title

サスケさん、こんばんは。小豆島で仕事してはったんですか!。
良い所に居られたんですね。小豆島ツアーは本当に良いですよ。ただ、結構アップダウンがきついので、サスケさんには何てこと無いでしょうが、他のメンバーの方々は一周がちょうど良い位かと・・・。
2周なんかするくらいだったらヒルクライムをする方がよっぽど楽しいですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。